未来に備えるお役立ち情報

老後を考える

「理想の介護」について考えよう

高齢化が進む中、介護を必要とする人は毎年増加しています。厚生労働省の発表によると、平成28年3月末時点で「要支援・要介護」と認定された人の数は620万人※。   これは、65歳以上の人口の約5.5人に1人に相当します。たとえ今は元気でも、けがや病気をきっかけにある日突然介護が始まることもあります。介護は決して他人事ではありません。今のうちから、「自分が希望する介護」について考えておくことが大切です。

※厚生労働省「平成27年度介護保険事業状況報告(年報)のポイント」より

自分にとって理想の介護スタイルを考える

まずは「自分はどのような介護を希望しているか」について考えてみましょう。自分の考えを紙に具体的に書き出し、それぞれのメリット・デメリット、考えるべきことや知っておくべきことをリストアップします。自分の介護へのイメージを掘り下げることで、自分の希望をより明確に把握することができます。

在宅介護を希望の場合

介護が必要になっても、
できる限り
自宅に住み続けたい。子供と同居できれば、
いざという時でも安心。
メリット

慣れ親しんだ環境で自分のペースで暮らせる。大勢の中で暮らすのが苦手な人は、ストレスを感じなくて済む。

デメリット

家族や親族の介護の負担が大きい。住環境によっては、狭い・暗い・急な階段があるなど不便さを感じることもある。介護度が進んだ場合は、自宅介護が継続できずに施設に入らなければならない可能性も。

検討すべきこと・知っておくべきこと

安心して暮らせるよう、自宅の改修・バリアフリー化を考えてみましょう
家族・親族から在宅介護の協力が得られるかを検討し、話し合いましょう
訪問サービス・デイサービスなど、利用できる介護サポート体制について
地方自治体や民間企業に問い合わせてみましょう
介護度が進み自宅介護が難しくなった場合、どうしたいかを考えましょう

Point

介護認定を受けていれば、介護保険を利用して、介護に関わる自宅改修費の9割(上限18万円)の支給を受けられる可能性があります。
※厚生労働省「介護保険における住宅改修」より

介護施設を希望の場合

家族に迷惑は
かけたくない。
介護が必要になったら、サポートがしっかりした施設に入居したい。
メリット

家族・親族への負担を考えずに済む。常にプロのスタッフが見守ってくれるので安心。集団生活なので、寂しさや不安が軽減される。

デメリット

自宅介護に比べ、金銭的負担が大きい。生活環境が大きく変わり、ストレスになる可能性がある。集団生活のルールが窮屈に感じる場合もある。

検討すべきこと・知っておくべきこと

介護施設の種類とそれぞれの違いを理解しましょう
介護が必要でない時期から入居できる施設も増えているため、いつから入居したいかを考えましょう
人気の高い施設の場合は、早めの申し込みを検討しましょう
自分の資産状況と希望する施設の予算を把握しましょう

皆はどう考えている?将来の自分の介護

他の人は自分の介護に対してどのように考えているのか、内閣府が実施した世論調査の結果を見てみましょう。

Q 自分自身が介護を受けたい場所はどこ?
Q 自宅介護はどのような形で受けたい?
Q 介護施設はどのような点を重視して選ぶ?
Q 認知症になった場合、どのようなことに
不安を感じる?

※出典:内閣府大臣官房政府広報室 平成22年9月 介護保険制度に関する世論調査/内閣府政府広報室 平成27年10月 「認知症に関する世論調査」の概要より

理想の介護実現のために今からしておきたいこと

自分が希望する介護生活を実現させるためには、元気な今のうちから準備を進めておくことがポイントです。いざ要介護となった時に慌てることがないよう、早速今日から少しずつ取り組んでみましょう。