あんしん介護 要支援保険

要支援2からお支払い。軽度の介護からしっかり一時金で備えられる介護保険。
契約可能年齢 40歳~79歳
※上記は終身タイプの場合。定期タイプの場合は40歳~75歳

あんしん介護 要支援保険

あんしん介護 要支援保険の特長

  • 当社からのお支払いは公的介護保険制度と完全連動。わかりやすくて安心!​
  • 要介護状態の前段階である「要支援2」から一時金をお支払い!​
  • まとまった一時金で、介護にかかる出費をサポートします!​

「要支援保険」は「軽度介護定期保険」「軽度介護終身保険(低解約返戻金型)」の愛称です。

保障内容

一時金タイプ

軽度介護定期保険・軽度介護終身保険(低解約返戻金型)
  • 「要支援2」以上の認定で一時金をお支払い!​
  • 一生涯の保障をご準備いただけます!

軽度介護終身保険(低解約返戻金型)の場合

公的介護保険制度とは?

公的介護保険制度とは、市区町村が運営する介護保険制度で、40歳以上の方が全員加入して介護保険料を納め、要介護(要支援)認定を受けた際に、介護給付や予防給付を受けられる制度です。
公的介護保険制度は満40歳以上の方が対象です。なお、満64歳以下の方は16種類の特定疾病が原因である場合に限り、要介護認定を受けることができます。 (2023年12月現在)

要介護状態
(認定の目安)とは?

要支援2・要介護1
  • 食事や排せつなど時々介助が必要
  • 立ち上がりや歩行などに不安定さがみられることが多い
次のいずれかに該当する場合は「要介護1」となります。
認知機能の低下が見られる
おおむね6か月以内に介護の手間が増加する可能性がある
要介護2
  • 食事や排せつに何らかの介助が必要
  • 立ち上がりや歩行などに何らかの支えが必要
要介護3
  • 食事や排せつに一部介助が必要
  • 入浴などに全面的に介助が必要
  • 片足での立位保持ができない
要介護4
  • 食事に一部介助が必要
  • 排せつ、入浴などに全面的に介助が必要
  • 両足での立位保持がほとんどできない
要介護5
  • 日常生活を遂行する能力は著しく低下し、日常生活全般に介助が必要
  • 意思の伝達がほとんどできない

「要支援2」から備える重要性

  • 要支援2以上の認定者は増加傾向にあり、2025年には700万人を超えると予想されています。​

要支援・要介護認定者数の推移

※1厚生労働省「令和2年度介護保険事業状況報告(年報)」

※2厚生労働省「令和2年度介護保険事業状況報告(年報)」および「第55回社会保障審議会介護保険部会資料」より当社推計

  • 要支援2、要介護1・2に認定された方の3割以上が5年以内に要介護3以上と認定されています。※​
軽度の要介護状態とされる要支援2など早期からリハビリテーションなどを行い重症化予防に取り組むことが大切です。​

要支援2または要介護1・2から5年以内に要介護3以上となる確率は約46.4%(5年以内に死亡・回復した方を除いた試算)。厚生労働省「令和2年度介護給付費等実態統計年報」より当社推計

  • 「要支援2」など比較的軽度とされる要介護状態でも、介護費用はかかります。​
重症化予防のために利用するリハビリテーションなど、介護予防サービス利用時には自己負担が生じます。​

● 要支援2の介護サービスを支給限度額まで利用した場合の年間自己負担額

 自己負担割合が1割の場合 
10.53万円

 自己負担割合が2割の場合 
21.06万円

 自己負担割合が3割の場合 
31.59万円

厚生労働省「サービスにかかる利用料」より1ケ月あたりの支給限度額をもとに当社試算(2022年11月時点)。地域によって異なる場合があります。​

介護サービスの支給限度額を超えた分は、全額自己負担になります。​

保険料例

  • 軽度介護終身保険(低解約返戻金型)…50万円
  • 保険期間・保険料払込期間…終身
    (月払口座・クレジットカード料率)​

男性の場合

40 1,192
45 1,369
50 1,604
55 1,921
60 2,369
65 3,039
70 3,994

女性の場合

40 1,126
45 1,284
50 1,494
55 1,777
60 2,185
65 2,822
70 3,794

加入にあたっては所定の要件があります。

2022年11月現在の保険料です。

軽度介護保険金・死亡保険金・高度障害保険金のいずれかの保険金をお支払いした場合、ご契約は消滅します。

上記は「あんしん介護 要支援保険」の特長を記載しています。保険金等の支払要件に関しては、上記以外の要件がある場合もありますので、詳しくは「商品パンフレット」「ご提案書(契約概要)」「ご契約のしおり-定款・約款」をご覧ください。
朝日生命 介護あんしんサポート

朝日生命のあんしん介護では、介護や認知症などに関する
各種サポートサービスを提供しています。

ひとりでは無理。
誰かの手助けがほしい…

専門知識がある人に
相談したい!

(登)朝日B-2022-119

(登)朝日B-2022-128