老後を考える

監修 さちはなクリニック 副院長 岡  瑞紀

老後うつを考える

高齢になると、身体的な病気のリスクが高まるだけではなく、さまざまな精神疾患のリスクも高まります。ここでは、高齢者に起こりやすい精神疾患のひとつである老後うつ(老年期うつ)についてご紹介します。

高齢者はうつ状態になりやすい

うつ状態・うつ病とは、憂うつや気分の落ち込みが強い状態が続いて、意欲、食欲、睡眠欲、知識欲、生きる欲などの「欲」が減少する疾患です。高齢者は、脳の老化と、退職などによる生活の変化や複合的な喪失体験により、うつのリスクが高まるといわれています。

複合的な喪失体験イメージ

老後うつのチェックポイント

老後うつの兆候が見られる場合はまず、かかりつけの医師に相談してみましょう。その後、早期に精神科や心療内科を受診して相談や予防、治療を検討してみることをおすすめします。

チェックポイント

チェックリスト

高齢介護者はうつの予備軍

配偶者や近親者の介護をしている場合、介護ストレスによりうつのリスクは高まります。特に高齢の介護者は、家族の死や退職など複合的な喪失体験と重なるため、うつの予備軍になりやすい傾向にあります。

自分を犠牲にして行う介護は、ストレスを生み、うつを招くことになります。次のようなことを心がけて、自分自身を大切にしながら介護をしましょう。

チェックポイント

チェックリスト

介護ストレス軽減アドバイスはこちら

知っておきたい、老後うつと認知症の関係

老後うつと認知症は切り離せない関係にあります。老後うつが認知症へと移行したり、認知症の初期や進行中にうつ症状が見られるケースは多く報告され、また、MCI(Mild Cognitive Impairment)といわれる認知症の手前の軽度認知障害の状態でも、うつ症状を併発しているケースは少なくありません。

うつの症状か認知症の症状かに関わらず、気になることがあれば、放置せずに医師に相談しましょう。

イメージ

老後うつにならないために

老後の暮らしにおいては、自分自身を大切に考えましょう。仕事を続ける、ボランティアを始めるなどして、さまざまな人と交流すること、やりがいと社会の中での役割を持つこと、規則正しい生活を心がけること、日常的に身体を動かすこと、そして趣味などの楽しみを持つことを心がけて、身体も心も健やかな毎日を過ごしてください。

話し手 さちはなクリニック 副院長  岡 瑞紀

さちはなクリニック

さちはなクリニック 副院長  岡 瑞紀

琉球大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部精神神経科学教室にて研修。国家公務員共済組合連合会立川病院、桜ケ丘記念病院勤務後、慶應義塾大学病院メモリークリニック外来、一般内科医院での認知症診療、各種老人入居施設への訪問診療、保健所の専門医相談、地域研究、家族会など各種講演会での啓発活動を通して、様々なステージや状況下の認知症診療を経験。慶應義塾大学大学院医学研究科にて学位取得。2015年より、さちはなクリニック副院長として、もの忘れ、認知症の診療を担当。

免許・資格:医師/精神保健指定医/精神科専門医/日本老年精神医学会認定専門医/医学博士
所属学会:日本精神神経学会/日本老年精神医学会

よく読まれている記事
  • 介護保険が必要な理由
  • 介護あんしんサポート
  • あんしん介護の商品ラインアップ
  • あんしん介護の特長
  • 朝日生命について
  • 要介護認定について
  • 認知症とは
  • 若年性認知症って、どんな病気?
  • 認知症だと診断されました。
  • 認知症はきちんと治療すれば治る?
朝日生命お客様サービスセンタ 0120-714-532(通話料無料)

〒100-8103 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00 土曜日 9:00~12:00 13:00〜17:00

※但し、祝日、年末年始(12月30日〜1月3日)を除く