あんしん介護の特長

お支払いは公的介護保険制度
完全連動!
「要介護1」以上に認定で
その後の保険料はいただきません!

公的介護保険制度とは?

公的介護保険制度とは、市区町村が運営する介護保険制度で、40歳以上の方が全員加入して介護保険料を納め、要介護(要支援)認定を受けた際に、介護給付や予防給付を受けられる制度です。(2021年8月現在)

要介護状態
(認定の目安)とは?

要支援2・要介護1

  • ●食事や排せつなど時々介助が必要
  • ●立ち上がりや歩行などに不安定さがみられることが多い

次のいずれかに該当する場合は「要介護1」となります。

  • ・認知機能の低下が見られる
  • ・おおむね6か月以内に介護の手間>が増加する可能性がある

要介護2

  • ●食事や排せつに何らかの介助が必要
  • ●立ち上がりや歩行などに何らかの支えが必要

要介護3

  • ●食事や排せつに一部介助が必要
  • ●入浴などに全面的に介助が必要
  • ●片足での立位保持ができない

要介護4

  • ●食事に一部介助が必要
  • ●排せつ、入浴などに全面的に介助が必要
  • ●両足での立位保持がほとんどできない

要介護5

  • ●日常生活を遂行する能力は著しく低下し、日常生活全般に介助が必要
  • ●意思の伝達がほとんどできない

あんしん介護は、
介護年金タイプ介護終身年金保険(返戻金なし型)(2012)


介護一時金タイプ介護一時金保険(返戻金なし型)(2012)

2つのタイプをご用意!

介護年金タイプなら

「要介護1」から公的介護保険制度に
完全連動でお支払い!

「要介護1」以上に認定されると
その後の保険料はいただきません!

介護年金額は要介護度により変動します。

「要介護1」以上の状態に該当しなくなった場合には、以後の介護年金の支払いを中断しますが、再度支払事由に該当したときは支払いを再開します。

平均介護期間は、4年7ヵ月*

継続的な出費が家計にダメージを与えていきます。
1割の負担でも積み重なると大きな負担となります。

*(公財)生命保険文化センター
「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」

介護サービスを支給限度額まで利用した場合の年間自己負担額

● 自己負担割合が1割の場合

1か月あたりの支給限度額をもとに当社試算(2021年9月時点)。地域によって異なる場合があります。

介護サービスの支給限度額を超えた分は、全額自己負担になります。

公的介護保険制度の自己負担割合は、一定以上の所得のある第1号被保険者(65歳以上)については2割または3割となります。

介護一時金タイプなら

「要介護3」以上で、一時金をお支払い!
まとまった一時金で多額の出費をサポートします。

介護状態がより重症化した場合には、
住宅リフォーム費用介護施設への入居費用など
一度にまとまった費用が必要になることがあります。

住宅リフォーム費用

300万円

多発性脳梗塞により右半身上下肢および左半身下肢が麻痺し、車いすをご使用の方のケース。

「公益財団法人テクノエイド協会」ホームページより当社で試算

民間介護施設の入居
一時金約半数が

1000万円以上

公益社団法人全国有料老人ホーム協会「平成25年有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書」(平成26年3月)

保険料例

介護年金タイプと介護一時金タイプで
必要な保障の組み合わせが可能!

保険料例
(月払口座・クレジットカード料率)
保険期間・保険料払込期間:終身

  • 基準介護年金額…60万円
  • 介護一時金額…300万円

男性の場合

40 4,038
介護年金
タイプ
2,202
介護一時金
タイプ
45 4,542 2,724
50 5,310 3,435
55 6,480 4,413
60 8,274 5,817
65 11,232 7,986
70 14,490 10,764

女性の場合

40 6,546
介護年金
タイプ
2,547
介護一時金
タイプ
45 7,626 3,108
50 9,156 3,870
55 11,412 4,953
60 14,772 6,522
65 20,076 8,952
70 26,214 12,693

プランはご要望に応じて変更可能です。なお、加入にあたっては所定の要件があります。

2021年10月現在の保険料です。

介護年金は、公的介護保険制度の要介護1以上の状態に該当していると認定されているときに、お支払いします。

上記は「あんしん介護」の特長を記載しています。一時金等の支払要件に関しては、上記以外の要件がある場合もありますので、詳しくは「商品パンフレット」「ご提案書(契約概要)」「ご契約のしおり-定款・約款」をご覧ください。

保険をご検討の方は
こちら

朝日生命 介護あんしんサポート

朝日生命のあんしん介護では、介護や認知症などに関する
各種サポートサービスを提供しています。

ひとりでは無理。
誰かの手助けがほしい…

専門知識がある人に
相談したい!

(登)朝日B-2021-46(2021.9.8)