かなえる介護年金

引受基準緩和型介護年金保険
(返戻金なし型)
契約可能年齢 40歳~79歳

これまでご加入が難しかった持病をお持ちの方に、年金でサポートします。

  • 年金タイプ

かなえる介護年金

かなえる介護年金の特長

お支払いは公的介護保険制度に完全連動!
公的介護保険制度の要介護3以上に認定されたとき、介護年金をお支払い!

第2回目以降の介護年金は、第1回介護年金の支払日の毎年の応当日
被保険者が生存していたとき第1回介護年金額と同額をお支払い!
選べる年金タイプ
5年有期年金 10年有期年金 15年有期年金 終身年金
介護年金を一度も受け取ることなく死亡された場合、第1回介護年金額と同額を死亡給付金としてお支払い!

公的介護保険制度とは?

公的介護保険制度とは、市区町村が運営する介護保険制度で、40歳以上の方が全員加入して介護保険料を納め、要介護(要支援)認定を受けた際に、介護給付や予防給付を受けられる制度です。
公的介護保険制度は満40歳以上の方が対象です。なお、満64歳以下の方は16種類の特定疾病が原因である場合に限り、要介護認定を受けることができます。 (2022年2月現在)

要介護状態
(認定の目安)とは?

要支援2・要介護1
  • 食事や排せつなど時々介助が必要
  • 立ち上がりや歩行などに不安定さがみられることが多い
次のいずれかに該当する場合は「要介護1」となります。
認知機能の低下が見られる
おおむね6か月以内に介護の手間が増加する可能性がある
要介護2
  • 食事や排せつに何らかの介助が必要
  • 立ち上がりや歩行などに何らかの支えが必要
要介護3
  • 食事や排せつに一部介助が必要
  • 入浴などに全面的に介助が必要
  • 片足での立位保持ができない
要介護4
  • 食事に一部介助が必要
  • 排せつ、入浴などに全面的に介助が必要
  • 両足での立位保持がほとんどできない
要介護5
  • 日常生活を遂行する能力は著しく低下し、日常生活全般に介助が必要
  • 意思の伝達がほとんどできない

「がん」「糖尿病」などの
持病がある方でも、
5つの質問が
「いいえ」であれば
お申込みいただけます!

  1. [最近] 3ヵ月以内
    医師から、入院、手術もしくは放射線治療をすすめられたことがありますか。
    または、医師から入院、手術もしくは放射線治療の説明をうけたことがありますか。
  2. [過去] 2年以内
    下記(傷病名)の傷病またはその疑いで医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがありますか。
  3. [過去] 5年以内
    アルツハイマー病、軽度認知障がい〔MCI〕、認知症またはその疑いで医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがありますか。
  4. [過去] 5年以内
    公的介護保険制度の要介護・要支援の認定をうけたことがありますか。
    または、現在、公的介護保険の申請中ですか。
  5. [現在]
    障害程度等級1~4級で身体障害者手帳の交付をうけていますか。
    または、現在、身体障害者手帳の申請中ですか。

傷病名

がん がん*1
脳血管・血管 脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作〔TIA〕、閉塞性動脈硬化症
代謝 糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害
呼吸器 肺気腫、慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患〔COPD〕
精神 アルコール依存症、統合失調症
神経変性 パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、進行性核上性麻痺、脊髄小脳変性症、大脳皮質基底核変性症、多系統萎縮症
筋骨格 骨折を伴う骨粗鬆症*2、後縦靭帯骨化症、脊柱管狭窄症、両下肢変形性関節症
脊髄 脊髄症、脊髄損傷
その他 慢性心不全、慢性腎不全、肝硬変、関節リウマチ、ウェルナー症候群

*1「がん」には、悪性新生物、肉腫、白血病、上皮内がん(子宮けい部高度異形成、CIN3を含みます)を含みます。

*22年以内に骨折があり、かつ、骨粗鬆症で医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがある場合を指します。

5つの告知すべて該当しない場合でも、ご職業、過去の契約状況等によりご加入できないことがあります。

「かなえる介護年金」告知事項の概要を記載しています。正確な告知事項は、申込手続時の告知欄にてご確認ください。

4つの年金タイプから
お選びいただけます。

2回目以後の介護年金は、第1回介護年金の支払日の毎年の応当日に、被保険者が生存していたときにお支払いします。

保障イメージ
要介護3の認定を受け、10年間生存された場合

■ プラン内容

5年ごと利差配当付引受基準緩和型介護年金保険(返戻金なし型)

年金種類
有期年金(10年)
年金額
30万円

要介護者の介護期間

要介護者の介護期間は、
4年以上が4割を超え、
10年以上は14.5%に。

(公財)生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」

介護サービス利用時の年間自己負担額

介護サービスを支給限度額まで利用した場合の年間自己負担額※自己負担額が1割の場合

厚生労働省「介護給付費等実態統計月報」(令和2年10月審査分)より当社で試算

介護サービスの支給限度額まで利用した場合の自己負担額(自己負担割合が1割の場合)は全国平均であり、地域によって異なる場合があります。
支給限度額を超えたサービス利用分は全額自己負担になります。

保険料例

持病があると
リスクが高まる
“介護”を“年金”で
しっかり保障します!

保険料例
(月払・クレジットカード料率)
保険期間・保険料払込期間:終身
  • 引受基準緩和型介護年金保険(返戻金なし型)第1回介護年金額:30万円

男性の場合

  有期年金 終身年金
  5年 10年 15年
40 3,060 4,671 5,820 7,746
50 4,176 6,165 7,437 9,024
60 5,886 8,385 9,792 11,079
70 8,763 12,075 13,665 14,697

女性の場合

  有期年金 終身年金
  5年 10年 15年
40 3,021 4,956 6,507 10,740
50 3,930 6,390 8,295 12,450
60 5,493 8,919 11,457 15,594
70 9,102 14,775 18,681 23,271
保険料例
(月払・クレジットカード料率)
保険期間・保険料払込期間:80歳
  • 引受基準緩和型介護年金保険(返戻金なし型)第1回介護年金額:30万円

男性の場合

  有期年金 終身年金
  5年 10年 15年
40 2,967 4,551 5,697 7,632
50 3,993 5,940 7,206 8,814
60 5,649 8,139 9,576 10,935
70 8,241 11,565 13,254 14,442

女性の場合

  有期年金 終身年金
  5年 10年 15年
40 2,748 4,533 6,009 10,263
50 3,438 5,625 7,395 11,580
60 4,638 7,617 9,975 14,298
70 7,401 12,297 16,011 21,222

プランはご要望に応じて変更可能です。なお、加入にあたっては所定の要件があります。

2021年10月現在の保険料です。

この保険は、健康上の理由(持病・既往症)により、通常の保険にご加入いただけない方のために設計された引受基準緩和型の介護保険です。 そのため、当社の他の介護保険に比べて多くの場合で保険料が割高となっています。

健康状態によっては、当保険よりも保険料が割安な当社の他の介護保険にご加入いただける場合があります。

第1回介護年金は、公的介護保険制度の要介護3以上の状態に該当していると認定されたときに、お支払いします。

死亡給付金は、第1回介護年金額をお支払いします。ただし、介護年金が支払われたときは、死亡給付金のお支払いはありません。

当ページは「かなえる介護年金」の特長を記載しています。年金等の支払要件に関しては、上記以外の要件がある場合もありますので、詳しくは「商品パンフレット」「ご提案書(契約概要)」「ご契約のしおり-定款・約款」をご覧ください。

(登)朝日B-2021-604