経済的負担が大きい認知症介護に
お手頃な保険料で備える保険

  • ご自身が
    保障の対象
  • 親御さまが
    保障の対象
  • インターネット申込専用

人生100年時代の認知症保険の特長

ポイント 1
経済的負担の大きい認知症介護を一時金で手厚く保障!

認知症介護一時金

所定の認知症に該当し、
公的介護保険制度の要介護1以上と認定されたとき

最大500万円

の一時金をお支払い!

オプション
認知症診断一時金

器質性認知症と診断確定されたとき

最大50万円

の一時金をお支払い!

保障イメージ

認知症介護一時金および認知症診断一時金は、ご契約から2年以内に器質性認知症と診断確定されたとき、既払込保険料相当額をお支払いし、ご契約は消滅します。

所定の認知症とは、器質性認知症と診断確定され、「認知症高齢者の日常生活自立度判定基準」がⅢ、Ⅳ、Mのいずれかであると判定されている状態をいいます。

認知症診断一時金は認知症介護一時金額の10%です。

認知症診断一時金のお支払いは、1回限りです。

器質性認知症とは?

「器質性」とは、脳神経細胞が異常をきたしている状態のことです。一般的に画像診断などで診断確定される認知症は、この「器質性認知症」に当てはまります。
〈器質性認知症の例〉アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症など

一時金額はどのくらい
備えればいい?

要介護状態となった場合の必要資金

家族の介護に必要と考える初期費用は平均242万円となっています。

初期費用とは、公的介護保険の範囲外の費用(住宅改造や介護用品購入などの初期費用や、月々かかる費用など)をさします。

(公財)生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」より朝日生命で試算

ポイント 2
親御さまを保障の対象としてお申込みも可能

人生100年時代の
認知症保険なら

「もし親が認知症になったら」という声にお応えし、
親御さまを保障の対象としてお申込みできます!
親御さまが認知症で介護が必要となった場合の経済的負担に備えられます!

認知症介護一時金額100万円付加時の月額保険料の例

  • 無配当認知症介護一時金保険(返戻金なし型)D 型 認知症介護一時金額100万円
  • 保険期間・保険料払込期間:終身
  • 月払・クレジットカード料率
70歳男性の場合
2,021
70歳女性の場合
2,240

※親御さま(被保険者)の契約年齢によっては、お申込みいただけるお取り扱い内容が異なります。

保険料例

お手頃な保険料で
一生涯の保障!

保険料例(月払・クレジットカード料率)保険期間・保険料払込期間:終身

・認知症介護一時金額・・・200万円

男性の場合

40 870
認知症診断
一時金あり(型)
726
認知症診断
一時金なし(型)
50 1,342 1,124
60 2,240 1,886
70 4,042 3,416

女性の場合

40 1,008
認知症診断
一時金あり(型)
842
認知症診断
一時金なし(型)
50 1,550 1,298
60 2,548 2,138
70 4,480 3,762

※プランはご要望に応じて変更可能です。なお、加入にあたっては所定の要件があります。
※2021年10月現在の保険料です。

保険をご検討の方は
こちら

告知もお申込みもカンタンでスピーディー!

告知項目はたったの3つ!
すべて「いいえ」なら
お申込みいただけます。

※3つの告知にすべて該当しない場合でも、過去の契約状況等によりご加入できないことがあります。

  • 1

    現在、入院中(検査入院を含みます)ですか。

  • 2

    過去5年以内に、下記(病気の種類)の病気またはその疑いで医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがありますか。

  • 3

    過去5年以内に、公的介護保険制度の要介護・要支援の認定をうけたことがありますか。
    または、現在、公的介護保険の申請中ですか。

病気の種類
認知 認知症、軽度認知障がい(MCI)、アルツハイマー病、レビー小体病、ピック病、クロイツフェルト・ヤコブ病、健忘症候群、コルサコフ症候群
変性疾患 パーキンソン病、パーキンソン症候群、大脳皮質基底核変性症、進行性核上性麻痺、脊髄小脳変性症、ハンチントン病
脳血管 脳出血、脳梗塞、一過性脳虚血発作(TIA)
感染 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)病、HIV感染症、神経梅毒
膠原病 全身性エリテマトーデス(SLE)、神経ベーチェット病
代謝 ウィルソン病、肝レンズ核変性症、白質ジストロフィー、白質変性症
その他 脳腫瘍、水頭症、アルコール依存症

ネットでお申込み手続きができます。
ご契約者のお手続きはかんたん3ステップ

ご契約者(ご本人さま)お手続き

※お手続き完了後に本人確認書類の提出が必要です。

親御さまを保障の対象とした時の親御さまのお手続き

被保険者(親御さま)お手続きは「郵送お手続き」と「Webお手続き」から選択できます。

郵送お手続きの場合

ご契約者が入力した
被保険者住所にお手続き書類を郵送します。

Webお手続きの場合

ご契約者が入力した
被保険者メールアドレスにお手続きURLを送信します。

※どちらのお手続き方法を選択した場合もお手続き完了後に本人確認書類の提出が必要です。

よくあるご質問

保障はいつまでですか。
保険料は途中であがりますか?

保険期間「終身」の場合、年齢が上がっても保険料は加入時のまま上がらず、保障は一生涯続きます。
65歳以上の方は保険期間「終身」に加え、保険期間「10年」を選択することができます。

何歳まで申込めますか?

被保険者(保障の対象となる方)が40~75歳までの方がお申込みいただけます。

一時金が支払われたら、契約はどうなりますか?

認知症介護一時金をお支払いした場合、ご契約は消滅します。
認知症診断一時金をお支払いした場合、ご契約は継続しますが、認知症診断一時金のお支払いは1回限りです。
ただし、認知症介護一時金および認知症診断一時金はご契約から2年以内に器質性認知症と診断確定された場合、既払込保険料相当額をお支払いし、ご契約は消滅します。

持病がありますが、申込みできますか?

持病があっても告知項目に当てはまらなければ、お申込みいただけます。

保険料の支払方法はクレジットカード払のみですか?

支払方法はクレジットカード払のみです。デビットカードはお使いいただけません。
クレジットカード名義はご契約者(ご本人さま)に限ります。

インターネット申込専用商品は
以下のお電話でもご相談を
受け付けております

朝日生命保険案内デスク

®0120-964-583(通話料無料)

受付時間:11:00~13:00・14:00~20:00
(毎週木曜日・年末年始等を除く)

契約成立日からその日を含めて2年以内に認知症介護一時金と認知症診断一時金の支払事由に該当したときは、重複してお支払いしません。

当ページは「人生100年時代の認知症保険」の特長を記載しています。一時金等の支払要件に関しては、上記以外の要件がある場合もありますので、詳しくは「商品パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり-約款」をご覧ください。

保険をご検討の方は
こちら

(登)朝日B-2021-49(2021.9.8)