介護について知る

介護が必要になる前に

介護予防のポイント

介護予防とは、介護が必要な状態にならないために、身体機能の低下を予防・回復しようとする取組みです。チェックリストの中で思い当たることがあれば、「地域包括支援センター」に相談しましょう。
地域包括支援センターは、保健師、社会福祉士、ケアマネジャーが中心となって相談業務に従事し、地域における介護予防の拠点として機能しています。

介護予防のチェックリスト

介護予防のチェックリスト

※厚生労働省介護予防事業普及啓発パンフレット
「笑顔といっしょに歳を重ねましょう。」

  • ポイント1 元気なうちから家族で話し合おう

    いざというときにすぐ行動に移せるよう、普段から介護について家族で話し合っておくことが大切です。話し合うことで、自然と介護に関する知識が身につきます。要介護状態になってから慌てて相談し合ったり、情報を探し始めたりするのでは遅いのです。

  • ポイント2 相談できるところを確認しておこう

    介護が必要になったとき、相談できる人や機関があるのは心強いもの。
    例えば、元気なうちから地域包括支援センター主催の「介護予防教室」に通うなどして、専門職の方とよりよい関係を築いておくと、いざ介護が必要となったときにもすぐに相談することができます。

  • ポイント3 かかりつけ医を持とう

    介護が必要になると、「かかりつけ医(主治医)」がいるか否かで、介護サービスの利用形態が違ってきます。要介護認定の申請には、必ず「かかりつけ医」が必要です。普段から健康について相談できる医師がいると、介護が必要になったときにスムーズに介護サービスを受けることができます。

  • ポイント4 口コミを活用しよう

    介護サービスの良し悪しは、実際に利用している人が一番よくわかっています。
    身近に介護サービスを利用している人がいれば、その状況を聞いておくと選択肢が広がります。

結城 康博教授

監修 淑徳大学 総合福祉学部 教授 結城 康博

1969年生まれ。淑徳大学社会福祉学部卒業。
地方自治体にて介護職、ケアマネジャー、地域包括支援センター職員として勤務。厚生労働省の社会保障審議会介護保険部会委員を務めた実績を持つ。

よく読まれている記事
  • 介護保険が必要な理由
  • 介護あんしんサポート
  • あんしん介護の商品ラインアップ
  • あんしん介護の特長
  • 朝日生命について
  • 要介護認定について
  • 認知症とは
  • 若年性認知症って、どんな病気?
  • 認知症だと診断されました。
  • 認知症はきちんと治療すれば治る?
朝日生命お客様サービスセンタ 0120-714-532(通話料無料)

〒100-8103 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00 土曜日 9:00~12:00 13:00〜17:00

※但し、祝日、年末年始(12月30日〜1月3日)を除く