老後をどう考える?年代別アドバイス

30代のあなたへ まだまだ老後を考えるのは早すぎる!今で精一杯なのに老後なんて… 老後のことなら、まずは親でしょ… 人生100年時代、本当にそれで大丈夫!?

30代は、ライフステージに変化をもたらす時期。

30代のみなさんは、仕事では昇進や転職、私生活では結婚、出産、マイホーム購入など、ライフスタイルの
変化に伴い、何かと忙しい時期を過ごしている方も多いのではないでしょうか。
そんな中ですので「老後なんてまだまだ先のこと」と思うのは当然のことです。
しかし、日本は人生100年時代を迎え、老後といわれる期間が長くなりますので、
新たに人生計画を考えて、長い老後を見据えた万全の準備をしておくことが必要になります。

イメージ

グラフ

※1 厚生労働省 平成30年簡易生命表の概況より ※2 『ライフ・シフト』(東洋経済新報社)より

長い老後をどのように過ごすかは、人生の幸福度を左右することになると言っても過言ではありません。
幸せな老後を過ごすために、今からどんな準備をすればよいのでしょうか?

今からの準備が、老後の幸福度を左右する!

理想の老後について、家族や友人と話してみましょう。

老後の生活やそのための貯蓄、万が一介護が必要になったときに、どのように介護してほしいのかなど、老後のことについて、家族や友人と話してみましょう。

まずは、最も身近な人生の先輩である親御さんの「老後観」を聞いてみてはいかがでしょうか。
周囲の意見を参考にしながら、自分なりの「老後観」を育てることから始めましょう。

親の老後観を知って、自分の老後観を育てる!

老後のお金は、どのように準備する?

老後の家計をまかなうために必要なお金はどのように準備すればよいのでしょうか?
頼りにしたいのが国の公的年金制度ですが、30代で公的年金だけで老後の家計がまかなえると
考えている人はわずか1割強。
そこで、世間で言われる「自助努力」が必要とされるのです。

30代に聞いた、老後の家計は公的年金でまかなえる?

公的年金でまかなえないと思っている人が約83%

※生命保険文化センター 令和元年度「生活保障に関する調査」

豊かな老後を送るためには、自助努力が必要!

準備するお金は、将来の介護も前提に考えましょう。

もちろん、生涯健康であることが理想ですが、老後を考える際には、
将来、自分やパートナーが要介護状態になったり、認知症になる可能性を前提に考えることが大切です。
病気や、事故によるケガなど、万が一のことがあっても生活ができるように
老後のための備えをしておく必要があるのです。

30代から老後に備えるメリット①月々の掛け金を抑えて備えることができる

若いうちから民間の保険で備える場合、スタートが早ければ早いほど月々の保険料は少額になります。
「毎月の収支に余裕がないから…」と、保険加入をあきらめている方もいらっしゃいますが、少ない金額で備えるためには「早く始めること」が大切です。
若いからこそ、月々の費用を節約することができるのです。

30代から老後に備えるメリット②ライフステージの変化に対応するための備えができる

これから年齢が上がるにつれて、住宅ローンやお子さまの進学、そして親御さんの病気や介護など、暮らしにお金がかかるライフステージへと移行していきます。
そのような状況で、新たに老後の備えへの費用を捻出するのには抵抗感があり、結果的に老後が近づいてから、備えがないことに慌てるというケースも少なくありません。

30代の今だからこそ、これから起こるライフステージの変化のために備えることができ、安心して老後を迎えることができるのです。

今のうちから老後への備えを!

30代のあなたにおすすめの保険はこちら

ライフスタイルの変化に応じて保障をプラスしたり、変えたりすることで、それぞれのニーズに一生涯お応えすることができる保険です。

男性の方はこちら!必要な備えだけを選んで、保険を組み立てられます!

保険王plus

女性の方はこちら!保障を選んで「私にぴったりの保険」を。女性のためのサポートも充実!

やさしさプラス

朝日生命お客様サービスセンタ 0120-714-532(通話料無料)

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00 土曜日 9:00~12:00 13:00〜17:00

※但し、祝日、年末年始(12月30日〜1月3日)を除く